福島大学卓球部の管理人の日記。
大晦日に思った,今年のあれこれ
福島大学卓球部のHPをご覧のみなさん,こんばんは.HP管理人の元村です.

今年もあと3時間をきりましたね.個人的な面で振り返ってみると今年はあまり心に余裕がなかった1年だったなと思います.
私は某文化系サークルの代表も兼任しており,そちらの仕事も忙しかったというのがあります.
役職は兼任するものではないということを痛感しました.また,忙しいときに活動面や精神面で支えてくれる人の存在がどれだけ大きなものであるかということも実感しました.

部活の面で今年を振り返ってみると,後輩の活躍が素晴らしかったなと思います.
正式な入部前から部員の勧誘に奮闘していた姿や,団体メンバーとして秋リーグでのⅠ部昇格に貢献していた姿をみると,彼らにならこれからの卓球部を任せられると思いました.また,S山Jr.くんが幅広いコネを活かしてくれたおかげで外部の方と練習する貴重な機会が増えましたね.すでに役職について仕事をしている1年生もいるので,今後の後輩の活躍に期待したいです.

先輩方の影響力の大きさも感じました.
3年の先輩方は人数が多かったということもあり,引退前は部活が賑やかな印象がありました.しかし現在の部活は,現役生が全員集まっても7人しかいないという少し寂しい状況です.なので先輩方が部活に来てくださるととてもありがたいです.また,実際に役職を持ってみると,それぞれの役職が結構忙しいということが分かりました.この経験をしてから,役職を受け持っていた歴代の先輩方がより一層素晴らしく感じました.

個人的な話になってしまうのですが,このような「出来る方々」に囲まれて生活していると,「出来る方々」と「出来ない私」が比較されてしまうことが悩ましかったです.
私は今までの卓球部を支えてきた殆どの方々とは違い,卓球について大した実力や知識もないのに卓球部に所属し,代表を務めています.なので「2年のクセにザコい」といった言葉や「代表のクセに頼りない」といった言葉をたまにいただくことがあり,つらく感じます.このような評価をいただくということは私がまだまだ未熟であるということの表れであります.今まで以上に役職の仕事をしっかりとこなし,練習への参加時間を増やして実力のある後輩に追いついていきたいです.しかし数日で実力差が埋まるとは思っていないので,穏便にはからってください.

長文になりましたがこの辺で失礼させていただきます.来年も卓球部をよろしくお願いいたします.それではみなさんよいお年をお過ごしください.
スポンサーサイト
就職慰労
みなさんこんばんは,HP管理人の元村です.
先日福島市内で就職慰労が行われました.4年生は卒論等で忙しい中でしたが,O石さんとH中さんに参加していただきました.両者とも就職先の報告や,私たちにとってためになる話をしてくださいました.
先輩方の就職先の内定が決まったということで,おめでたいという思いとともに先輩方の努力の素晴らしさを感じました.また,私たち自身も今後進路先への内定をもらえるように,先輩からのアドバイスを参考にしながら日々勉学に励んでいきたいと感じた一日でもありました.
ではこの辺で失礼させていただきます.